「資産防衛&活用情報」へようこそ。大切な資産、それを不況から防衛したり、上手に活用して殖やしたり…。そのためにはさまざまなインテリジェンス(情報)が必要です。ちょっとだけそのお助けになれば…

【健康診断辞典】Top >  労働安全衛生法と健康診断

スポンサードリンク



【Recomend】
わずか一滴でできる郵送検査サービス  ⇒詳細はこちら
自宅で簡単に高精度な血液検査が可能に、検査結果はEメール、携帯メールでも!
《充実の検査キットシリーズ》
【生活習慣病12項目:高脂血症、肝機能、糖尿病、痛風、腎機能】、【C型肝炎】、
【総合ガンコース】、【前立腺ガン】、【エイズ(HIV)】、【クラミジア+淋病】など。
《NTTデータの安心管理で秘密厳守》  ⇒詳細はこちら


会社などに就職している場合、労働安全衛生法によって定期的な健康診断が求められます。健康診断は労働安全衛生法によって事業者に求められた義務なのです。


就職する時に提出する健康診断書。

ところで、会社や事業所に就職の際には
健康診断書の提出を求める場合があります。
就職をするには健康診断書が必要…とまでではありませんが
就職の際に必要な書類として挙げられるケースも少なくありません。

就職の際、会社が事業所が、健康診断書が必要なのは、
会社側がその人物が健康で
仕事をする上で支障がないのかを確かめる手段となります。

その為、就職の書類を提出する際に必要なこの健康診断書は、
自分で健康診断を行い用意しなければなら無い場合があります。

労働安全衛生法で決められた健康診断。

会社や事業所などに就職していたならば、
定期的に健康診断を受けなければなりません。

「受けたほうがよい」
ではなくて

「受けなければならない」
のです。

これはどうしてか? というと、
労働安全衛生法という法律によって決められているのです。

少し「労働安全衛生法」について考えてみましょう。

まず、この労働安全衛生法の目的はなにかというと
「労働者の安全と健康を確保しより良い労働環境を整える」
という目的の法律です。

ですから、就職後の健康診断に関しては、労働安全衛生法により
「事業者は労働者に対して健康診断を行なわなければならない」
とあります。
この時には、事業者の負担で健康診断が行なわれます。
また労働安全衛生法で労働者が健康診断を受けることが義務づけられています。

健康診断はより良い労働環境を作り、
病気などを未然に防ぐ大切なものであると言えるのです。



スポンサードリンク

▼自宅でできる健康診断・血液チェッカーはこちらから▼

【健康診断辞典】Top >  労働安全衛生法と健康診断