労働安全衛生法で決められた健康診断。

会社や事業所などに就職していたならば、
定期的に健康診断を受けなければなりません。

「受けたほうがよい」
ではなくて

「受けなければならない」
のです。

これはどうしてか? というと、
労働安全衛生法という法律によって決められているのです。

少し「労働安全衛生法」について考えてみましょう。

まず、この労働安全衛生法の目的はなにかというと
「労働者の安全と健康を確保しより良い労働環境を整える」
という目的の法律です。

ですから、就職後の健康診断に関しては、労働安全衛生法により
「事業者は労働者に対して健康診断を行なわなければならない」
とあります。
この時には、事業者の負担で健康診断が行なわれます。
また労働安全衛生法で労働者が健康診断を受けることが義務づけられています。

健康診断はより良い労働環境を作り、
病気などを未然に防ぐ大切なものであると言えるのです。

……この記事の全文をみる


Edit