メタボリック症候群を対象にした特定健康診断は生活習慣病予防のため。

まず、「特定健康診断」ですがこれは、
様々な生活習慣病の原因となっているメタボリック症候群を
対象にした健康診断です。

40〜74歳に対して義務化されており、
血圧や血糖値などの項目から
メタボリック症候群の診断をします。

また、「特定保険指導」は、
「特定健康診断」の結果に応じて、
メタボリック症候群の疾患者や、その予備軍に対して
「保険指導」の支援レベルを設けて指導を行い、
最善などの指導を行ないます。

平成20年3月に改正された制度で、
これらの「特定健康診断」と「保険指導」
の受診が義務化されています。

……この記事の全文をみる


Edit