「資産防衛&活用情報」へようこそ。大切な資産、それを不況から防衛したり、上手に活用して殖やしたり…。そのためにはさまざまなインテリジェンス(情報)が必要です。ちょっとだけそのお助けになれば…

【健康診断辞典】Top >  被扶養者の健康診断

スポンサードリンク



【Recomend】
わずか一滴でできる郵送検査サービス  ⇒詳細はこちら
自宅で簡単に高精度な血液検査が可能に、検査結果はEメール、携帯メールでも!
《充実の検査キットシリーズ》
【生活習慣病12項目:高脂血症、肝機能、糖尿病、痛風、腎機能】、【C型肝炎】、
【総合ガンコース】、【前立腺ガン】、【エイズ(HIV)】、【クラミジア+淋病】など。
《NTTデータの安心管理で秘密厳守》  ⇒詳細はこちら


被扶養者の場合、健康診断を受けるチャンスが少ないのが実情。被扶養者の健康診断事情とは。


被扶養者の健康診断。

健康診断を普段受ける機会の無い人…
その代表ともいえるのが被扶養者です。

これまでも、市区町村などでは被扶養者を対象に
健康診断を行なっているケースもあったのですが
自己申告での申し込みが多く
健康診断を積極的に受診している方は
少ないというのが現状でした。

気がつけば、何年も健康診断を受けていない、
自分の健康チェックを医療機関で受けていない、
という人も少なくないのではないでしょうか。

その状況を変える為に
平成20年度に改正された医療保険制度によって
特定健康診断・特定保険指導が導入されました。

この導入された特定健康診断により
40歳〜74歳の保険の被保険者・被扶養者に対して
全ての対象者に、メタボリック症候群を主軸にした健康診断である
特定健康診断を受けることが義務付けられました。

これによって、被扶養者が健康診断を受けるケースも
増える事が予想されています。

被扶養者の受診方法はそれぞれの加入保険によって異なります。

被扶養者の特定健康診断の受診の方法にですが、
加入している保険によって申し込みは異なります。

多くのケースは、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
申込書を郵送→→診察券を受け取る、
→指定された特定健康診断実施機関での診察…
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
という形になるようです。

ただ、あくまでも、申し込みの方法は各保険者によって異なります。
具体的な詳細については加入している保険者に問い合わせてみましょう。




スポンサードリンク

▼自宅でできる健康診断・血液チェッカーはこちらから▼

【健康診断辞典】Top >  被扶養者の健康診断