被扶養者の健康診断。

健康診断を普段受ける機会の無い人…
その代表ともいえるのが被扶養者です。

これまでも、市区町村などでは被扶養者を対象に
健康診断を行なっているケースもあったのですが
自己申告での申し込みが多く
健康診断を積極的に受診している方は
少ないというのが現状でした。

気がつけば、何年も健康診断を受けていない、
自分の健康チェックを医療機関で受けていない、
という人も少なくないのではないでしょうか。

その状況を変える為に
平成20年度に改正された医療保険制度によって
特定健康診断・特定保険指導が導入されました。

この導入された特定健康診断により
40歳〜74歳の保険の被保険者・被扶養者に対して
全ての対象者に、メタボリック症候群を主軸にした健康診断である
特定健康診断を受けることが義務付けられました。

これによって、被扶養者が健康診断を受けるケースも
増える事が予想されています。

……この記事の全文をみる


Edit