「資産防衛&活用情報」へようこそ。大切な資産、それを不況から防衛したり、上手に活用して殖やしたり…。そのためにはさまざまなインテリジェンス(情報)が必要です。ちょっとだけそのお助けになれば…

【健康診断辞典】Top >  川崎市の健康診断

スポンサードリンク



【Recomend】
わずか一滴でできる郵送検査サービス  ⇒詳細はこちら
自宅で簡単に高精度な血液検査が可能に、検査結果はEメール、携帯メールでも!
《充実の検査キットシリーズ》
【生活習慣病12項目:高脂血症、肝機能、糖尿病、痛風、腎機能】、【C型肝炎】、
【総合ガンコース】、【前立腺ガン】、【エイズ(HIV)】、【クラミジア+淋病】など。
《NTTデータの安心管理で秘密厳守》  ⇒詳細はこちら


川崎市の健康診断の事情は?年齢によって異なる料金(費用)や検診項目、予約窓口などについて。


川崎市の健康診断。

制度改正によって、公的な健康診断の実施状況が変化している中、
川崎市では、就職や進学に健康診断書の必要とする人に向けた
健康診断サービスを継続して行なっています。

では、この川崎市の行なっている健康診断を受ける方法は
どのようにすれば良いのでしょうか。

健康診断を受ける前に確認しなければならない事が幾つかあります。

それは健康診断の受診対象となる条件です。

川崎市の
「健康診断書を必要とする方の為の健診」
の対象者は川崎市に在住、
在勤者で義務教育の終了者を対象にしています。

実施される検査日は原則として
第2、第4火曜日に行います。

受け付け時刻は、区によっても異なります。
ですから、健康診断を行なう川崎市の
各区の時間を確認しましょう。


また、健康診断の受診は予約制となっています。
必ず、事前に福祉課の窓口又は電話で問い合わせましょう。

川崎市、健康診断の料金や項目は?

料金はというと…
診察、問診、身体測定、血圧測定、胸部エックス線検査、尿検査、血液検査、心電図など
の中から必要な検査項目によっても異なります。

ある区での例ですが、川崎市在住者のケースで、以下のように受けることができます。

******************************

●65歳以上の場合=年1回、老人健康診断が無料で。誕生月の前月に検診受信券が郵送されます。
●41歳〜64歳の場合=年1回、500円で検診が受けられます。検診科目は以下。
 ・血液検査、・尿検査、・心電図検査、・胸部レントゲン検査
●40歳、50歳の場合=「節目検診」と言う名称で無料の検診が受けられます。
●35歳、38歳の場合=川崎市国民健康保険の被保険者に限り、無料検診が受けられます。
 9月中に受信券が郵送され、10月〜3月のあいだに検診を受けられます。

******************************

健康診断の受付をする川崎市各区によって、
多少予約方法なども異なりますので
予約の際に確認して健康診断を
受けるように心掛けましょう。



スポンサードリンク

▼自宅でできる健康診断・血液チェッカーはこちらから▼

【健康診断辞典】Top >  川崎市の健康診断


当サイトについて
【健康診断辞典】へようこそ
社会保険、政府管掌、労働基準法、料金など、健康診断についてはさまざまな用語があります。「それってどういう意味?」から「身近な地域の健康診断情報」まで…

スポンサードリンク

健康診断豆知識
更新履歴