「資産防衛&活用情報」へようこそ。大切な資産、それを不況から防衛したり、上手に活用して殖やしたり…。そのためにはさまざまなインテリジェンス(情報)が必要です。ちょっとだけそのお助けになれば…

【健康診断辞典】Top >  健康診断個人票

スポンサードリンク



【Recomend】
わずか一滴でできる郵送検査サービス  ⇒詳細はこちら
自宅で簡単に高精度な血液検査が可能に、検査結果はEメール、携帯メールでも!
《充実の検査キットシリーズ》
【生活習慣病12項目:高脂血症、肝機能、糖尿病、痛風、腎機能】、【C型肝炎】、
【総合ガンコース】、【前立腺ガン】、【エイズ(HIV)】、【クラミジア+淋病】など。
《NTTデータの安心管理で秘密厳守》  ⇒詳細はこちら


健康診断は法令によって義務とされていますが、その結果を記す「健康診断個人票」の様式も定められています。厚生労働省によって健康診断個人票の様式が公開されています。


健康診断個人票とは?

事業者や労働者に法律で義務化されている健康診断ですが、
法律で定められている為、
健康診断の結果を記すべき「健康診断個人票」は
その様式が決まっています。

そこで健康診断個人票についてを少し調べて見ましょう。

「健康診断個人票」と聞いて、それがどのようなものか
すんなりと思い浮かぶ人は少ないでしょう。

それもその筈「健康診断個人票」は、
診断をした医師が記入するものですから、
労働者が実際に「健康診断個人票」について考える機会は
普通の人はあまり無いと考えて良いでしょう。

しかし、事業者にはこの健康診断個人票は重要な事柄です。
法律により、

−−−−−−−−−−−−−−−−−
「事業者は健康診断個人票を作成し、
 それを5年間保存しなければならない」
−−−−−−−−−−−−−−−−−

とあります。

事務所単位で50人以下の企業によっては
労働基準監督所への提出義務も無い為、
「健康診断個人票」を作らない所もあるようです。

健康診断個人票の様式は決まっています。

しかし、基本的には健康診断個人票は作成
しなければならない書類であるといえます。

「健康診断個人票」の様式ですが、
厚生労働省の各労働局のHPなどで個人票を公開しています。
事業者の方は一度参考にして見ては如何でしょうか。

コンプライアンスが叫ばれる昨今、
「提出義務がない」から作成しないでは
いずれおおきな社会的ペナルティが発生すると思います。



スポンサードリンク

▼自宅でできる健康診断・血液チェッカーはこちらから▼

【健康診断辞典】Top >  健康診断個人票