「資産防衛&活用情報」へようこそ。大切な資産、それを不況から防衛したり、上手に活用して殖やしたり…。そのためにはさまざまなインテリジェンス(情報)が必要です。ちょっとだけそのお助けになれば…

【健康診断辞典】Top >  国民健康保険と健康診断

スポンサードリンク



【Recomend】
わずか一滴でできる郵送検査サービス  ⇒詳細はこちら
自宅で簡単に高精度な血液検査が可能に、検査結果はEメール、携帯メールでも!
《充実の検査キットシリーズ》
【生活習慣病12項目:高脂血症、肝機能、糖尿病、痛風、腎機能】、【C型肝炎】、
【総合ガンコース】、【前立腺ガン】、【エイズ(HIV)】、【クラミジア+淋病】など。
《NTTデータの安心管理で秘密厳守》  ⇒詳細はこちら


国民健康保険=非サラリーマンだとこれまで健康診断が遠い存在だったかもしれません。しかし今は国民健康保険加入者でも年齢によっては市区町村で安く特定検診が受けられます。


国民健康保険と健康診断。

健康である為には、自分の体を知るための大切な検査
…それが健康診断なわけです。

しかしながら、サラリーマンの場合は
会社で健康診断があったりしますが
国民健康保険では自分で行わなければなりません。
さらに、健康診断に掛かる料金は
保険の適応外になっています。

つまり、国民健康保険の適応外ですから
健康診断は高額な診察料金がかかってしまいます。

ということで、自営業の方などにとっては
「健康診断には多くの費用がかかってしまう」
というイメージはあります。

ところが、医療保険制度の改革により、平成20年3月から
特定健康診断・特定保険指導が義務化されました。

これにより、国民健康保険でも、
特定健康診断や特定保険指導が
40歳〜74歳の国民健康保険加入者を対象に実施され、
対象者は低料金で健康診断を受けることが出来ます。

国民健康保険加入者のすべてが安く特定検診を受けられるわけではない。

しかし、国民健康保険で受けられる健康診断は
年齢も限られいます。
つまり生活習慣病予防に狙いを絞られた検診ですから
たとえば、若い人は対象になっていません。
特定健康診断の対象外である人が
健康診断を受ける場合には、…というと
やはり多くの費用が掛かってしまいます。

そこで健康診断を受ける前に
自分が国民健康保険の
特定健康診断や特定保険指導の対象者であるのかを
確認してから健康診断を行いましょう。

国民健康保険で健康診断を受けられない場合には
市区町村などで行なっている
健康診断サービスを確認して見るのも良いかもしれません。
日時は限られる場合が多いですが、市区町村によっては
以外に手頃な負担でうけられることがあります。



スポンサードリンク

▼自宅でできる健康診断・血液チェッカーはこちらから▼

【健康診断辞典】Top >  国民健康保険と健康診断