国民健康保険と健康診断。

健康である為には、自分の体を知るための大切な検査
…それが健康診断なわけです。

しかしながら、サラリーマンの場合は
会社で健康診断があったりしますが
国民健康保険では自分で行わなければなりません。
さらに、健康診断に掛かる料金は
保険の適応外になっています。

つまり、国民健康保険の適応外ですから
健康診断は高額な診察料金がかかってしまいます。

ということで、自営業の方などにとっては
「健康診断には多くの費用がかかってしまう」
というイメージはあります。

ところが、医療保険制度の改革により、平成20年3月から
特定健康診断・特定保険指導が義務化されました。

これにより、国民健康保険でも、
特定健康診断や特定保険指導が
40歳〜74歳の国民健康保険加入者を対象に実施され、
対象者は低料金で健康診断を受けることが出来ます。

……この記事の全文をみる


Edit