名古屋市の健康診断事情。

高齢化社会を目前に保険料の増大が予想されています。
そのような状況の中で、健康への対策が様々な市区町村や団体などで進められています。
では、名古屋市での健康対策へ取り組みはどのように行われているのでしょうか。

名古屋市でも、医療制度の改正を受けて平成20年3月に成人基本健康診査はすでに終了しています。
そして、特定健康審査・特定保険指導へ移行します。
名古屋市の各保健所などが窓口になり、協力医療機関において
「生活習慣病検診」という検診を受けることができます。
対象は「勤め先などで健診等を受診する機会のない名古屋市内在住の方」です。


名古屋では、医療制度改正以前から
「健康なごやプラン21」
などを策定し、市民の健康に対する制度を進めています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
市民のみなさんにとって、
『もっと健康で心豊かに暮らせるまち』にするため、
がんや糖尿病などの生活習慣病を予防し、
健康寿命(寝たきりや痴呆にならないで生活できる期間)
を延ばすことなどを目的とした計画です。
※引用:名古屋市ホームページ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
というもので、他の市町村と比べ、予防医学などに対して積極的な姿勢を示しています。

……この記事の全文をみる


Edit