労働安全衛生法に定められる健康診断。

労働基準法又は労働安全衛生法で定められている健康診断は、
一般的な健康状態である「一般健康診断」と、
特定の健康被害の危険性のある職場や業種のに対して行なう
「特殊健康診断」の二つがあります。

一般健康診断では労働者の基本的な健康診断を行います。

特殊健康診断では、じん肺、有機溶剤、鉛などを使う職場や
騒音や腰痛の危険のある職場環境などで仕事をしている場合、
その特殊健康診断を受ける対象になります。

労働基準法、労働安全衛生法で義務のある健康診断は複雑ですが、
健康を守る為にも、また、コンプライアンスの見地からも
自分の職場環境と法律を一度
照らし合わせて見ることも必要と言えるでしょう。

……この記事の全文をみる


Edit