「資産防衛&活用情報」へようこそ。大切な資産、それを不況から防衛したり、上手に活用して殖やしたり…。そのためにはさまざまなインテリジェンス(情報)が必要です。ちょっとだけそのお助けになれば…

【健康診断辞典】Top >  政府管掌保険と健康診断

スポンサードリンク



【Recomend】
わずか一滴でできる郵送検査サービス  ⇒詳細はこちら
自宅で簡単に高精度な血液検査が可能に、検査結果はEメール、携帯メールでも!
《充実の検査キットシリーズ》
【生活習慣病12項目:高脂血症、肝機能、糖尿病、痛風、腎機能】、【C型肝炎】、
【総合ガンコース】、【前立腺ガン】、【エイズ(HIV)】、【クラミジア+淋病】など。
《NTTデータの安心管理で秘密厳守》  ⇒詳細はこちら


政府管掌保険の対象者ならば少ない自己負担で健康診断が受けられます。


政府管掌保険で健康診断を受ける。

健康診断は保険が適応しません。
そのため、いざ受けようとすると意外に多くの料金が掛かってしまいます。

そんな健康診断の少しでも負担を軽くする事が出来るケースがあります。
それが社会保険庁の行なっている「社会保険生活習慣病予防健診」です。

この社会保険生活習慣病予防健診は、
政府管掌保険加入者の健康診断費用を
国が負担することになっているのです。
条件によってパーセンテージは若干異なりますが、
つまり、受診者は、30〜40%程の自己負担で
受けることの出来る健康診断というわけです。

政府管掌保険が対象。年度によって予算枠が…。

では社会保険生活習慣病予防健診について少し調べて見ましょう。

この健康診断は政府管掌保険の対象者のための健康診断です。
国も負担してくれることで健康診断が受けやすくなるわけですが
わすれていけないのは、その枠があるということです。

具体的にいうと、国の予算枠、そして健康診断実施機関の
検査可能人数などが定員に達すると、
その年度内の申し込みが終了するという点にあります。

そのため年度末に近付くと申し込みが終了している場合もあります。

ですから健康診断を検討されている方は早めの申し込みを心掛けましょう。

問い合わせは社会保険健康事業財団や
社会保険事務所の各都道府県支部で行なっている他、
健康診断を実施する機関でも行なっています。



スポンサードリンク

▼自宅でできる健康診断・血液チェッカーはこちらから▼

【健康診断辞典】Top >  政府管掌保険と健康診断