政府管掌保険で健康診断を受ける。

健康診断は保険が適応しません。
そのため、いざ受けようとすると意外に多くの料金が掛かってしまいます。

そんな健康診断の少しでも負担を軽くする事が出来るケースがあります。
それが社会保険庁の行なっている「社会保険生活習慣病予防健診」です。

この社会保険生活習慣病予防健診は、
政府管掌保険加入者の健康診断費用を
国が負担することになっているのです。
条件によってパーセンテージは若干異なりますが、
つまり、受診者は、30〜40%程の自己負担で
受けることの出来る健康診断というわけです。

……この記事の全文をみる


Edit