「資産防衛&活用情報」へようこそ。大切な資産、それを不況から防衛したり、上手に活用して殖やしたり…。そのためにはさまざまなインテリジェンス(情報)が必要です。ちょっとだけそのお助けになれば…

【健康診断辞典】Top >  政府管掌保険(社会保険)の健康診断

スポンサードリンク



【Recomend】
わずか一滴でできる郵送検査サービス  ⇒詳細はこちら
自宅で簡単に高精度な血液検査が可能に、検査結果はEメール、携帯メールでも!
《充実の検査キットシリーズ》
【生活習慣病12項目:高脂血症、肝機能、糖尿病、痛風、腎機能】、【C型肝炎】、
【総合ガンコース】、【前立腺ガン】、【エイズ(HIV)】、【クラミジア+淋病】など。
《NTTデータの安心管理で秘密厳守》  ⇒詳細はこちら


政府管掌健康保険(社会保険)が実施する事業に健康診断があります。政府管掌健康保険(社会保険)の加入者は健康診断に対して助成を受けることができます。


政府管掌健康保険(社会保険)の健康診断って?

健康診断を自分で受けようとしていきなり病院に行っても
ふつう、健康保険が使えません。

そのため、自分で健康診断を行なうとなると、
自費で…ということになります。

つまり、少なからずの出費を覚悟しなければなりません。

しかし、メタボリック症候群など
生活習慣病の危険なども考えると、
定期的に健康診断を受けることも必要といえます。

病気になってから治療をするよりも
病気になることを防ぐほうがコストがかからない…
近年では、そういう認識が広まってきました。

そこで社会保険庁では政府管掌健康保険の加入者を対象に、
生活習慣病予防にための健康診断に助成制度を行っています。

ではこの社会保険庁がすすめる健康診断である
「政府管掌健康保険(社会保険)生活習慣病予防健診」
とは、一体どのようなものか少し調べてみましょう。

政府管掌健康保険(社会保険)健康診断の対象者と料金(費用)など。

まず、この健康診断を受けられのは、
政府管掌健康保険(社会保険)の加入者で
尚且つ35歳〜75歳までの人が対象です。

社会保険生活習慣病予防健診は費用も低額で行なえます。

一般検診では内容別に料金が7906円〜18007円かかるのですが、
実際に自己負担する料金は3321円〜6843円。
つまり、費用の38%〜42%の負担で健康診断を受けることが出来ます。

申し込みは各社会保険事務所で受診希望のとりまとめをして、
生活習慣病予防健診申込書を
社会保険健康事業財団都道府県支部郵送で行われているようです。



スポンサードリンク

▼自宅でできる健康診断・血液チェッカーはこちらから▼

【健康診断辞典】Top >  政府管掌保険(社会保険)の健康診断


当サイトについて
【健康診断辞典】へようこそ
社会保険、政府管掌、労働基準法、料金など、健康診断についてはさまざまな用語があります。「それってどういう意味?」から「身近な地域の健康診断情報」まで…

スポンサードリンク

健康診断豆知識
更新履歴