政府管掌健康保険(社会保険)の健康診断って?

健康診断を自分で受けようとしていきなり病院に行っても
ふつう、健康保険が使えません。

そのため、自分で健康診断を行なうとなると、
自費で…ということになります。

つまり、少なからずの出費を覚悟しなければなりません。

しかし、メタボリック症候群など
生活習慣病の危険なども考えると、
定期的に健康診断を受けることも必要といえます。

病気になってから治療をするよりも
病気になることを防ぐほうがコストがかからない…
近年では、そういう認識が広まってきました。

そこで社会保険庁では政府管掌健康保険の加入者を対象に、
生活習慣病予防にための健康診断に助成制度を行っています。

ではこの社会保険庁がすすめる健康診断である
「政府管掌健康保険(社会保険)生活習慣病予防健診」
とは、一体どのようなものか少し調べてみましょう。

……この記事の全文をみる


Edit