「資産防衛&活用情報」へようこそ。大切な資産、それを不況から防衛したり、上手に活用して殖やしたり…。そのためにはさまざまなインテリジェンス(情報)が必要です。ちょっとだけそのお助けになれば…

【健康診断辞典】Top >  特定健康診断

スポンサードリンク



【Recomend】
わずか一滴でできる郵送検査サービス  ⇒詳細はこちら
自宅で簡単に高精度な血液検査が可能に、検査結果はEメール、携帯メールでも!
《充実の検査キットシリーズ》
【生活習慣病12項目:高脂血症、肝機能、糖尿病、痛風、腎機能】、【C型肝炎】、
【総合ガンコース】、【前立腺ガン】、【エイズ(HIV)】、【クラミジア+淋病】など。
《NTTデータの安心管理で秘密厳守》  ⇒詳細はこちら


特定健康診断というのが平成20年から義務化されました。メタボリックシンドロームという特定の症候群に着目した健康診断で、生活習慣病予防がその狙いです。


義務化された特定健康診断とは?

運動不足や肥満などによってお腹の中に脂肪が蓄積…。

それを内臓脂肪と呼びます。
その内臓に蓄積した脂肪が血圧や血糖値の上昇を招き、
最悪な場合、動脈硬化・心臓病・脳卒中などの原因
になってしまうと最近の研究によって明らかにされてきました。

この内臓脂肪などが一定以上溜まってしまっている状態をメタボリックシンドロームと呼びます。

このメタボリックシンドロームに対して
平成20年度から特定健康診断や特定保険指導が始まります。

これによって40歳〜74歳までの国民全てに年に一回の特定健康診断を行い、
その結果によって特定保険指導を行なう事を義務付けられました。

特定健康診断の目的とは?

特定健康診断によって、
メタボリックシンドロームから始まる危険な病気である
動脈硬化・心臓病・脳卒中などの病気を少なくし、
今後予想される社会的な保険料の増加による
保険財源不足などの対策としているようです。

そして、今後の特定健康診断の課題は、
特定健康診断広く認知させ、
より多くの人に特定健康診断を受けてもらい
生活習慣病の原因であるメタボリックシンドローム
に目を向けさせると事にあるようです。



スポンサードリンク

▼自宅でできる健康診断・血液チェッカーはこちらから▼

【健康診断辞典】Top >  特定健康診断